黒い斑点を取り除くには|肌のトラブルは皮膚科の治療で回復させよう【確実に改善できる】

肌のトラブルは皮膚科の治療で回復させよう【確実に改善できる】

黒い斑点を取り除くには

スキンケアする人

除去の際の注意点

ほくろ除去を行うために注意しなければならない点は、まず、治療後に傷や痛みが残ることです。およそ2週間で収まりますが、その間は跡を手で触れたりかさぶたを剥がしたりせず、与えられた薬の用法を守って使用しましょう。施術後に色素沈着になってしまったり、陥没跡が残ったりすることもあります。ほくろの根が深い場合は、何度か治療を行う必要が生じる場合もあります。また、医師の知識や技術が低いと、火傷のような跡ができたり、ほくろの根がまだ残っていて再発したりする可能性があります。同じほくろ除去でも、皮膚科や整形外科での治療目的なら保険が適応されて、費用が抑えられます。また、ただのほくろか悪性の腫瘍かどうかも調べてくれます。ただし、適応されるかどうかは治療法や医師の判断と診断の結果によります。美容目的だと自由診療で保険が適応されません。施術費用も治療法やほくろの数や大きさによります。

皮膚にある黒い斑点は何か

ほくろは、メラニン色素を含む細胞が皮膚の一部に集まって凝縮した母斑の一種です。ほくろ自体は、遺伝や紫外線や加齢の他に、ストレスや疲労や生活習慣の乱れ、外部からの刺激などによってできます。ほくろは紫外線があたる場所、特に顔にできやすく、その人物の特徴となって覚えられやすいです。他にも、手や首や肩や腕などにもできやすいです。ほくろを増やさないようにするためには、日頃から紫外線対策を行うことが大事です。ほくろ除去を行うには、皮膚科等の病院で手術を受ける必要があります。以前はメスで切除する方法が多かったですが、近年ではレーザーでのほくろ除去が可能になりました。ほくろの中でも特に危険なのがメラノーマです。これはメラニンという色素を作る細胞がガン化した腫瘍な上に、ほくろとよく似ているため、メラノーマと気付きにくいです。しかも、進行が速いです。早期に発見すれば治すことができますが、放っておくとすぐ他の組織に転移してしまいます。他の皮膚ガンもあり、これは皮膚細胞が悪性に変わって増殖したものですが、どちらにしても用心しておく必要があります。